チェリーだより

とつぜんですが…

子供のころ、どんな大人になりたかったですか?
 子供たちと話をしていると、未来の話が出てくることがあります。憧れの人、なりたい職業、目を輝かせて話す子もいれば、まだ見えない未来に首をかしげる子もいます。その子によっていろいろな反応を見せてくれますが、どの子を見ても応援したい気持ちでいっぱいになります。そんなとき『私が子供の頃、どんな大人になりたかったっけ?』と、ふと思うことがあります。みなさんは、子供の頃どんな大人になりたいと思っていましたか?
 子供の頃、私は大人は大きくて強いものだと感じていました。なんでも知っていて、いろんなことができて…。大人から怒られるたびに『大人はいつも正しくて間違いなんてしないんじゃないか』とさえ思っていました。でも、自分が大人になってみてわかったことは、大人だって知らないことやできないことはたくさんあるし、間違えることもあるし、泣きたくなったり怒りたくなったり、全然うまくいかないことも多いということでした。大人は大人で大変なんだよなぁ…。
 大人だって完全無欠じゃない。弱さも一緒に抱えながら生きています。それでも自分のできることを精一杯しながら生活しています。子供の頃夢見たスーパーマンのような大人ではないけれど、子育てに奮闘しながら何とか日々をこなせている。これって、本当はすごいことなのではないかと思います。
 肩の力を抜いて、深呼吸してみましょう。できていることに目を向けて、自分を褒めてあげましょう。

バックナンバー

このページの上部へ